傍聴者人数

プロフィール

三國会議

Author:三國会議
王朗、許貢、支燮がお送りする三國会議譚

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

三國会議
王朗、許貢、支燮がお送りする三國会議譚
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に宣伝
王朗さて、それでは今から第一回三國会議を始める。
司会はこの王朗が務めよう。
許貢許貢です。
宜しくね。
王朗(何だ、何を言っているのか解らないぞ。もっとはっきり喋れよ)
そうか、まぁ宜しくな。
…で、アンタは?
士燮私は交趾から来た支燮だ。
本日はお招きに預かり、恐悦至極に存じまする。
王朗こ、交趾!?
交趾と言えば、随分西端じゃないか。
しかも随分南端じゃないか。
そんな所から態々のご足労、恩に着る。
士燮いえ、どうか気になさらずに。
これもわが国を発展させるための第一歩です。
許貢チィッ!これだから田舎者は・・・。
王朗許貢殿、何か?
許貢い、いや、何でも無いょ。
僕、何も言ってないょ。きっと妖精の仕業さ。
何でも…

(クソッ!少しばかり僕に対しての王朗君のマークが厳しすぎやしないか?まるでゾーンディフェンスじゃないか!)

王朗そうか…
因みにこの会議は全国へ向けて配信されている。
君主ともあれば当然解って貰っているだろうが、
くれぐれも発言には気を付ける様に。
士燮(なるほど・・・この会議が我が国の将来に関わると言っても過言ではないわけか
・・・韓馥にも言っておいた通り、少しジジュウ(何故か変換できない)しておかねばな。)
はい、解りました。
許貢
(くっ、これじゃあんな事やこんな事がいえないぞ。困った。)
王朗許貢殿、何か?
許貢い、いや、何でも無いです。
それより、今回の議題は?
王朗う…
(参ったな、実は何も考えて来ていない。)
許貢まさか、何も考えてないんじゃ…
(本当に何も考えてなかったら、
幾ら王朗君と言えども人格を疑っちゃうなぁ・・・)
士燮私は招待していただいた立場なのであまり口は出せませんが…
ちゃんと用意してありますよね?ね?
王朗あ、あぁ。
ある。
勿論ある。
今回のテーマは…宣伝だ。
許貢え…
宣伝…?
(いきなり何を言い出すんだ王朗君は。
幾らイケ面だからといっても言って良い事と悪いことがあるぞ。
この人は本当に大丈夫だろうか?)
王朗今回は初回だ。
第一回だ。
当然、知名度も殆ど皆無と言って過言では無いだろう。

士燮(初回って2回言った!?
確かに知名度は皆無に近いが、この人の知能度は大丈夫か・・・?)
ふむふむ。それで?
王朗そこで、だ。
両君主には三國会議の知名度を上げて貰いたいのだ。
(おぉ、即興にしてはなかなかの熱弁。上手く誤魔化せたな。)
士燮なるほど。即興にしては・・・あ、いやいや充分に計画された素晴らしい提案でありますな。
しかし私はこの“ぶろぐ”という存在を初めて知った身です。
果たして協力出来るかどうかは怪しい所なのですが…
許貢僕も同感だょ。
王朗その件は心配しなくて良い。
このブログというものは書けば勝手に登録され、
勝手に検索に引っ掛かってくれるシステムを執っているのだ。
故に、我々は特に何もしなくても良い。
士燮ほう、そんな便利なものが…
(まさに”ぶんめいのりき”というヤツだな)
許貢なるほど…
え、でも、という事は、今日はもう何もする事は無いんじゃないのかな?
王朗そうだな。
今日は皆をここで紹介する事、そしてサイト登録が主たる目的だった。
まぁそれが果たせた今、もう解散としても良いかな。
士燮解りました。それでは以降、宜しくお願い致します。
では、私はこれで失礼させて頂きます。
王朗いえいえ、こちらこそ。
今回は詰まらぬ事で呼び立てて済まなかったな。
許貢(ふん、遠くに住んでいるのがそもそもの問題なんだ。
これだから田舎者は・・・)
王朗許貢殿、何か?
許貢い、いや、何でも無いです。
それでは、今日はこれにて。
(なんか王朗君こえー。ちょーこえー)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sangokukaigi.blog115.fc2.com/tb.php/1-d000b001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。